製品情報 サポート 技術資料 会社情報 お問合せ ブログ

オフセット観測の方法ととデータコレクタの相性について
観測の方法 特 徴 主な機器
水平距離と方向角

オフセット観測においては最も人気の有る手法。器械点から求点までの観測はワンショットで良い(複数の器械点を1つの求点のために用意しなくて良い)。データコレクタ(PSION、ExPad-Laserなど)によっては、求点を次の器械点として、どんどん先に進んでいったり、最初の器械点に戻ってきての閉合差チェックなどにも向いている。GPSとレーザー機器を半々あるいは、むしろレーザー機器での観測を主としたい場合にはExPad-Laserを選ぶのが良い。

LaserAce 300コンパスユニット、LT200 with MapStar
2つの水平距離

水平距離を測ることのできる機器により、2つの器械点からの求点を観測する。実際は2つの点からの観測線の交点は2つできるが、右か左かをデータコレクタ上で指定してやることにより、求めるべき点を特定することができる。TerraSync Professionalで対応。オフセット観測がそれほど多くない場合にはこの方法が便利。安価。

LaserAce 300スタンダードユニット、LT200、400LH、600XT
3つの水平距離

水平距離を測ることのできる機器により、3つの器械点からの求点を観測する。器機は小型であるが、器械点を3点設けるのは、場所によっては大変かもしれない。オフセット観測がそれほど多くない場合にはこの方法が便利。TerraSync Professionalで対応。安価。

LaserAce 300スタンダードユニット、LT200、400LH、600XT
2つの方向角

方向角の交点を求める点とする方法。器械点は2点。TerraSync Professionalで対応。DataScopeは超小型でスコープも5倍なので地物をねらいやすい。オフセット観測を補助的に行う場合には非常に便利。安価ですむ。

DataScope
3つの方向角

方向角の交点を求める点とする方法。器械点は2点で良いが、より冗長性を高めるために3点から観測。オフセット観測を補助的に行う場合には非常に便利。安価ですむ。TerraSync Professionalで対応。

DataScope


オフセット機器\データコレクタ PSION
TerraSync
Professional
(Pocket PC)
ExPad-Laser
LaserAce 300
コンパスユニット
水平距離/高度角/方位角
LaserAce 300
スタンダードユニット
水平距離
× ×
LT 200 with MapStar
水平距離/高度角/方位角
LT 200
水平距離
× ×
DataScope
方位角
× ×
400LH
水平距離
× ×
600XT
水平距離
× ×
Copyright © TIMBERTECH Co.,Ltd All Rights Reserved.