製品情報 サポート 技術資料 会社情報 お問合せ ブログ

ssV-102はシリーズ最小最軽量、最廉価のGPSコンパスです。使用用途に応じた取り付けスタイルが可能です。またティンバーテックオプションBTBの追加で、ケーブルレスでのBluetooth通信が可能になります。コンパクトさを生かしたモバイルGPSコンパスとしての用途に道を開きました。

開発中のアンドロイド・スマートフォン対応ソフトAZ Plusを利用すれば、設置と同時に方位を測定できます。


―V100とのサイズ比較
 上:ssV-100
 下:ssV-102

特徴

  • 幅40cm、重さ980gで小型軽量
  • 進行方向精度0.75度
  • ディファレンシャル補正時の位置精度は1m(95%)
  • データ出力標準10Hz(オプション20Hz)
  • 回頭速度90°/秒まで対応
  • 方位補助デバイスとして傾斜計とジャイロを標準搭載

オプション

本体のみ(ダイレクアタッチ)に下記のオプションを選択して追加します。

  • ポールマウント  :5/8インチ・メスネジで測量ポールなどに取り付け可能です。
  • マグネットマウントキット  :ポールマウントに取り付けます。
  • データ電源ケーブル(15m)

ティンバーテックオプション

本体にBTBキットを追加するとssV-102 BT として、Bluetooth・単三乾電池8本で約2時間の連続測定が可能です。

スマートフォン対応ソフトウェアAZ Plus

ssV-102 BT用の方位表示ソフトウェアです。詳しくはこちらをご覧ください。

仕様・機能


  • GPSセンサー仕様
受信機タイプ L1、C/Aコード搬送波スムージング
チャンネル 12チャンネル×2(SBAS使用時10チャンネル×2)
更新レート 標準10Hz、オプション20Hz
水平精度 DGPS時 <1m(95%)
単独測位SA無時 <2.5m(95%)
方位精度 0.75°rms
ピッチ/ロール精度 1.5°rms
回頭率 最大90°/秒
コールドスタート 60秒
ウォームスタート 20秒
ホットスタート 1秒

  • 環境
動作温度 -30°〜 +70°
保管温度 -40°〜 +85°
湿度 95%(結露無きこと)

  • 通信
シリアルポート ×2(全2重 RS232)
ボーレート 4800〜115200 bps
データプロトコル NMEA 0183、NMEA 2000、独自バイナリ
補正情報プロトコル RTCM SC-104

  • 電源
入力電圧 10〜36 VDC
消費電力 3W
消費電流 250mA(12V動作時)
極性反転防止機能

  • 外観
サイズ 40.5 cm L x 15.0 cm W x 6.4 cm H
重量 980 g
電源/データコネクタ 12ピン LTW

  • 補助装置
ジャイロ 1°以下の方位補間(GPS方位が取得できない場合、単軸ジャイロにより3分間方位を補間)
傾斜計 方位検出の初期化時間短縮に利用

Copyright © 2017 TIMBERTECH Co.,Ltd All Rights Reserved.