製品情報 サポート 技術資料 会社情報 お問合せ ブログ
  トップ > 製品情報 > 災害時広域測量システム

   環境変動により日本国内でも大規模災害が頻発しています。大規模災害が起きてしまうと、現場にすら到達できず状況把握が困難な場合が多々あります。そんな時に遠方より災害現場の図化が行えるといち早い状況分析が可能になります。この災害時広域測量システムでは最大20km以上もの領域を目視で計測することが可能です。高台やヘリコプターから被害状況をいち早く図化し、次の一手がいち早く行えます。

   災害時広域測量システムは基本的に下記システム構成のように組み合わせて成り立ちます。想定する状況や測量範囲などにより最適な器械を選択できます。状況等お伺いさせていただき最適な組み合わせをご提案させていただきます。



 システム構成

   基本的に下図に示す4種類の機器が必要です。様々な機器から災害時に必須となる機能を兼ね備えた機器をラインナップしています。

レーザー距離計 現地点から遠方の目標地点を計測します。機種により測定距離限界や精度が異なります。
GNSS受信機 現地点の座標を知ることができます。機種により精度や設置に必要な設備が異なります。
PDA 測定データを記録する端末です。
ソフトウェア 端末上で測定時に使用するデータ収集ソフトウェアです。


 レーザー距離計

   不測の事態にも耐えられる超長距離測定可能な防水防塵耐衝撃レーザー距離計は次から選択可能です。

Vectronix VECTORシリーズ

・VECTOR IV 7倍望遠、距離精度±3mで最大6kmまで測定可能、方位±0.6度
・VECTOR 21 7倍望遠、距離精度±5mで最大12kmまで測定可能、方位±0.6度
・VECTOR 23 7倍望遠、距離精度±5mで最大25kmまで測定可能、方位±0.6度


   不測の事態にも耐えられる長距離測定可能な防水防塵耐衝撃レーザー距離計は次から選択可能です。

Vectronix PLRFシリーズ

・PLRF10C 6倍望遠、距離精度±2mで最大2.5kmまで測定可能、方位±0.6度
・PLRF15C 6倍望遠、距離精度±5mで最大3kmまで測定可能、方位±0.6度
・PLRF25C 6倍望遠、距離精度±5mで最大4kmまで測定可能、方位±0.6度


   簡易防水短距離型レーザー距離計は次から選択可能です。

LTI TruPulse360シリーズ

・TruPulse360 7倍望遠、距離精度±1mで最大1km(対象物による)まで測定可能、方位±1度
・TruPulse360B 7倍望遠、距離精度±1mで最大1km(対象物による)まで測定可能、方位±1度、Bluetooth無線付

 GNSS受信機

   おおまかな広域図化ではGNSS受信機の絶対位置性能は領域に対する誤差としては多くないためあまり重要ではありません。想定する測定面積や測定方法により最適な受信機を選択できます。

   小型高感度GPS受信機は位置精度2~10m、標高精度±30m程度です。小型で高感度のため取り扱いが便利です。安定した場所からの計測に向きます。標高精度が高くないためヘリコプターなど空中から常時移動しながら測定する用途には向きません。

高感度GPS受信機

・Holux M-241 精度2.2m/95%

   面積等をできるだけ正確に算出したい場合はDGPS受信機や、GPS衛星とGLONASS衛星を受信機できるGNSS受信機が有効です。

サブメータDGPS受信機

・HemisphereGPS Aシリーズ、Rシリーズ 精度60cm/95%
・Geneq SXBlue-II 精度60cm/95%
・Trimble Pathfinder ProXT/XH 精度1m以下、IP67
・Trimble GeoExplorer 6000 XT 精度1m以下、PDA一体型、IP65、Floodlightオプション

高精度GNSS受信機

・OmniSTAR 9200G2 GLONASS対応、精度10cm以下(HP-G2サービス)、IP67
・Trimble Pathfinder ProXRT GLONASS対応、IP67
・Trimble GeoExplorer 6000 XT 精度30cm以下、PDA一体型、IP65、Floodlight付

 PDA(データ端末)

   防水防塵IP67の耐環境性最高クラスのPDAはどんな状況でもお使いいただけます。

JuniperSystems社製 Archer Field PC

・Archer Field PC IP67
・Archer Field PC B IP67、Bluetooth付

   防水防塵IP65クラスの防水防塵耐衝撃高スペックPDAです。

Unitech社製 PA690

・PA690 IP65、Bluetooth付
・PA690 GPS IP65、GPS・Bluetooth付

 代表的な組み合わせ例

  航空機より広域に図化する場合(大規模災害等)
機   器 備   考
レーザー距離計 Vectronix社製VECTOR23 耐環境型超長距離対応
最長25kmまで計測可能
GNSS受信機 OmniSTAR 9200G2 HPサービス時精度10cm以下
バッテリー内蔵
PDA JuniperSystems Archer Field PC 耐環境型
ソフトウェア TIMBERTECH GeoSketch データ収集用ソフトウェア

  土石流滞留面の図化
機   器 備   考
レーザー距離計 Vectronix PLRF10C 耐環境型
最長2.5kmまで計測可能
GNSS受信機 Geneq SXBlue-II 耐環境型、精度50cm前後
バッテリー内蔵、軽量小型
PDA JuniperSystems Archer Field PC 耐環境型
ソフトウェア TIMBERTECH GeoSketch データ収集用ソフトウェア

  雪崩によるデブリの図化
機   器 備   考
レーザー距離計 LTI TruPulse360 簡易防水型
最長1kmまで計測可能
GNSS受信機 Holux M-241 精度3m前後
単3乾電池駆動
PDA Unitech PA690 簡易防水型
ソフトウェア TIMBERTECH GeoSketch データ収集用ソフトウェア


 作業の流れ

1. 現場地図の取り込み

   測定域となる現場の背景地図(地形図や航空写真)をデータ収集端末に取り込みます。

   背景は無くても作業に影響はありませんが、背景地図上の現在地がわかると現場の把握がしやすくなります。


2. 現場測量

   目標となる領域を目視できる場所から測定します。測定は座標測定、コンパス測定が行えます。

   現場で測定したデータから面積も確認することができます。


3. 測定データの取り込み

   測定後、測定データを図化ソフトに取り込めます。測定データはGISやGoogle Earth、CADなど様々な形式で出力が可能です。


4. 図面化

   図化ソフトより図面として印刷します。



 その他

   災害時広域測定システムを構成する機器の詳細は下記をご参照ください。

  レーザー距離計VECTORおよびPLRFの詳細はこちら
  対応するGNSS受信機はこちら
  対応するデータ収集用端末(PDA)はこちら
  対応するデータ収集用ソフトウェアはこちら
Copyright © 2017 TIMBERTECH Co.,Ltd All Rights Reserved.