製品情報 サポート 技術資料 会社情報 お問合せ ブログ
  トップ > 製品情報 > ソフトウェア >World File Editor

 World File EditorはGISや弊社モバイル測量ソフトウェア「GeoCap」「GeoSketch」等で背景に使用する地図画像を簡単に編集/座標付けが行えるソフトウェアです。

 World File Editorができること

 World File Editorを使用することで簡単に実現できる機能は以下の通りです。これらの作業を行うには、今までは高額なGISソフトウェアを使用するか、計算を駆使して求めるか、など大変な作業でした。World File Editorを使用すればこれらの作業がとても簡単に行えます。

  • ワールドファイルの自動作成
  • ワールドファイルの作成/編集
  • 世界測地系の平面直角座標またはUTM座標への投影変換
  • 地図の解像度変換
  • 地図の切り出し
  • 「GeoCap」「GeoSketch」で大きいサイズの背景地図を扱いたい場合

    ワールドファイルとは?

     ワールドファイルとはデジタル化された地図画像ファイルに座標情報を与えるために規格化された座標情報ファイルです。一般的にGISなどで地図画像を正しい位置に配置するにはワールドファイルが必要です。ワールドファイルにより地図画像ファイルは地域データとしての意味を持ちます。


     ワールドファイルの自動作成

     World File Editorでは以下の対応地図データであれば、読み込むだけで自動的に世界測地系の平面直角座標またはUTM座標での座標付け、簡易投影変換が行えます。読み込んで保存するだけの簡単操作です。

  • 国土地理院発行 数値地図25000(地図画像)
  • 国土地理院発行 25000段彩・陰影画像
  • カシミール3Dとマップカッタープラグインによる切り出し画像(カシミール形式)

    各地図の詳細はこちらをご覧ください。


     ワールドファイルの作成/編集

     ワールドファイルの自動作成に対応していない地図画像も、4隅の座標が分かればWorld File Editorを通して簡単にワールドファイルに反映することができます。また緯度経度地図画像の場合は、ゆがみ補正機能を使用することにより平面直角座標またはUTM座標との投影差を少なくすることができます(簡易投影変換機能より誤差を多く含みます)。


     地図の解像度変換

     ワールドファイルによる座標付けがされた地図画像は解像度を変更した場合には、ワールドファイル情報も編集しなければ整合が取れません。World File Editorの解像度変換機能を使用すれば任意の解像度に変換でき、それに合わせて自動的にワールドファイル情報も更新されます。


    解像度変更により解像度が1/2になったので、1ピクセル辺りのメーター数は倍にならないとスケールがおかしくなってしまう


     地図の切り出し

     ワールドファイルによる座標付けがされた地図画像を切り出し(トリミング)する場合には当然地図の範囲が変わるので、ワールドファイル情報も変更が必要です。World File Editorの切り出し機能を使用すれば任意の場所を切り出すだけで、それに合わせて自動的にワールドファイル情報も更新されます。



     「GeoCap」「GeoSketch」で大きいサイズの背景地図を扱いたい場合

     弊社モバイル測量ソフトウェア「GeoCap」「GeoSketch」では、高解像度の背景画像を扱うために専用画像形式(GBK形式)を扱います。World File EditorではBMP、TIF、GIF、PNG形式の画像をGBK形式に変換することが可能です。



     World File Editor対応地図の詳細

     World File Editorが自動座標付けに対応している地図画像は下記の通りです。

  • 国土地理院発行 数値地図25000(地図画像)
     国土地理院が発行している数値地図25000の地図画像版です。この地図画像は図郭1枚単位から地域毎CD-ROMまでの単位で購入可能です(最小単位オンライン版1図郭170円(税込))。この地図は各地域毎に日本測地系、世界測地系が混在しており、また地図の形式が緯度経度地理座標系となっており平面で使用するためには投影変換が必要です。

       World File Editorはこの地図を世界測地系の平面直角座標またはUTM座標に自動的に投影変換して使用できます。


    購入先:日本地図センター
    http://www.jmc.or.jp/

  • 国土地理院発行 25000段彩・陰影画像
     国土地理院が発行している25000段彩・陰影画像です。この地図画像は図郭1枚単位から購入可能です(オンライン版1図郭262円(税込))。この地図は日本測地系での正規化された地図です。

     World File Editorはこの地図を世界測地系の平面直角座標またはUTM座標に自動的に投影変換して使用できます。


    購入先:日本地図センター
    http://www.jmc.or.jp/

  • カシミール3Dとマップカッタープラグインによる切り出し画像(カシミール形式)
     全国地図閲覧フリーソフト「カシミール3D」と「マップカッタープラグイン」による切り出し地図です。カシミール3D」と「マップカッタープラグイン」は無料で使用可能です。

     World File Editorはこの切り出し地図を世界測地系の平面直角座標またはUTM座標に自動的に投影変換して使用できます。


    購入先:カシミール3Dのホームページ
    http://www.kashmir3d.com/


     World File Editorの動作環境

    World File Editorは以下の環境での動作します。

    OS Windows 2000、Windows XP
    CPU Pentium II 500MHz以上
    メモリ インストール HDD空き約10MB
    メインメモリ:512MB以上
    ライブラリ Microsoft .NET Framework 2.0 SP2 以上必要
    VisualC++2005ランタイム
    対応画像形式 形式 拡張子
    Bitmap image
    Graphics Interchange Format
    Tagged Image File Format
    Portable Network Graphics
    GeoCap/GeoSketch Background Image
    bmp
    gif
    tif
    png
    gbk


  • Copyright © 2017 TIMBERTECH Co.,Ltd All Rights Reserved.