製品情報 サポート 技術資料 会社情報 お問合せ ブログ
トップ > サポート > GeoSketch
  • GeoSketch v3.5aリリースのお知らせ(2016/12/21)

GeoSketch3がアップデートしました。本アップデートでは以下の新機能追加と機能更新が含まれます。お持ちのGeoSketchの更新や詳細情報などは弊社までお問い合わせください。

●新機能

  • ライン誘導機能追加
  • ライン誘導機能は、直線上に指定間隔で杭等を打つ場合に簡単に該当位置まで誘導する機能です。

●機能更新

  • 誘導時の到達時警告音を鳴らす距離を任意で設定できるようにした
 
  • GeoSketch v3.5リリースのお知らせ(2016/6/28)

GeoSketch3がアップデートしました。本アップデートでは以下の新機能追加と障害修正が含まれます。お持ちのGeoSketchの更新や詳細情報などは弊社までお問い合わせください。

●新機能

  • CSVファイルにエクスポート時、LAArea分割用出力に対応

●機能更新

  • プロジェクト標準設定値に背景と背景プロパティは引き継がないようにした
  • DRMS表示を1.0m以下の時は下2桁(0.00)まで表示するようにした
  • ポリゴンのSHPファイルにエクスポート時、必ず右回りポリゴンで出力(除地対策)
  • FOXファイルにエクスポート時、簡易点名を選べるようにした
  • 誘導時に距離残をミリ単位まで表示するように修正

●障害修正

  • レーザー誘導時に磁気偏差を考慮していない問題修正
  • GBK背景ファイル表示時の表示化け問題修正
 
  • GeoSketch v3.4リリースのお知らせ(2014/9/24)

GeoSketch3がアップデートしました。本アップデートでは以下の新機能追加と障害修正が含まれます。お持ちのGeoSketchの更新や詳細情報などは弊社までお問い合わせください。

●新機能

  • 測位ステータス表示を高解像度PDAにも対応
  • Trimble社Geo7レーザー距離計ユニットに対応

●機能更新

  • GNNSステータスにRTK状態を追加
  • GNNS測定時の測位位置採用設定にRTK、フロートを追加
  • 「誘導-レーザー距離計」機能をより使いやすく更新
  • 「緯度経度」機能にて緯経度から参照点登録を可能にした

●障害修正

  • 測位位置採用設定時に一部の測定画面が閉じれなくなる障害修正
  • 背景にGBKファイルを設定時にある縮尺で表示されない障害修正
  • その他
 
  • GeoSketch v3.2(2014/2/17)

障害情報に1件追加しました。

 
  • GeoSketch 3(v3.2)リリースのお知らせ(2013/9/10)

GeoSketch3がアップデートしました。本アップデートでは以下の新機能追加と障害修正が含まれます。お持ちのGeoSketchの更新や詳細情報などは弊社までお問い合わせください。

●新機能

  • 緯度経度CSVファイルのインポート機能

●障害修正

  • 簡易版CSVファイルで路線または区画をインポートした際に不正なデータが作成される障害修正
 
  • GeoSketch v3.1(2013/4/12)

障害情報に1件追加しました。

 
  • GeoSketch 3(v3.1)リリースのお知らせ(2013/3/19)

GeoSketch3がアップデートしました。GeoSketch3をお持ちのお客様は無料でアップデート可能です。GeoSketch2およびそれ以前の弊社モバイルソフトウェアをお使いのお客様はアップグレード優待制度がございます。アップデートご希望のお客様はお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

今回のアップデートではいくつかの新機能追加と障害修正が含まれます。

●新機能

  • 更新内容につきましてはGeoSketch3.1新機能紹介ページ(こちら)をご参照ください。

●障害

  • 路線、区画測定画面を開いて、何も測定登録せずに閉じた場合に属性追加画面が出てしまう障害修正
 
  • GeoSketch v3.0(2012/11/21)

障害情報に1件追加しました。

 
  • GeoSketch3アップグレード優待制度について(2012/10/26)

従来の製品(TreCap、GeoCap、GeoSketch旧バージョン)をお持ちのお客様はアップグレード優待制度が適用となります。ご購入時期により優待内容が変わります。詳細は下記の表をご参照ください。バージョンアップお申込みは弊社ホームページ問い合わせフォーム、またはお電話からご連絡ください。

購入時期 費用
2011年10月以降にご購入 …  無償バージョンアップ
2011年4月以降にご購入 …  15,000円(税抜)
上記以外でご購入 …  25,000円(税抜)
 
  • GeoSketch 3(v3.0)リリースのお知らせ(2012/10/26)

GeoSketch 2がバージョンアップしてGeoSketch 3になりました。

GeoSketch3更新内容

●障害修正

  • DVH路線/区画の進行方向反転を行った後磁気偏差設定がゼロになる障害修正
  • 画面書き換え中に測定データを削除すると落ちる場合がある障害修正
  • GPSv2測定(PlgMsrGPS2プラグイン)においてメモ自動入力設定にしている場合、GPSを受信せずに採用ボタンを押下するとソフトウェアが落ちる障害修正

●機能追加&向上

  • GNSS対応
  • GPS・GLONASS受信機対応(GNSSメッセージ、GN***、GL***対応)
  • 属性対応
  • 属性検索(従来の属性検索は測点検索に変更)
  • 属性付シェープのGeoSketchプロジェクト属性へのインポート&エクスポート
  • 座標点複数選択一覧画面にて座標情報も確認可能にした
  • 緯度経度確認機能追加(機能プラグイン)
  • レーザー距離計&GNSS併用時に測定点の直接測定(器械点が常にGNSS測位位置)を可能にする測定プラグインを追加(PlgMsrLsrVプラグイン)

GeoSketch 3についての詳細はおって商品情報ページにて公開致します。

 
  • GeoSketch v2.4を含む以前のバージョン(2012/05/31)

障害情報に1件追加しました。

 
  • GeoSketch v2.4リリースのお知らせ(2011/11/24)

今回のアップデートはいくつかの新機能追加とバグフィックスとなります。更新内容は以下の通りです。GeoSketch2をお持ちのお客様は無償でアップデート可能です。ご希望のお客様は弊社までご連絡ください。

  • Unitech PA690、PA500II、Getac PS535F、東芝T-01A対応
  • 背景ファイル読み込みに一括選択を可能にした
  • シェープ背景の描画設定を個別に指定可能にした
  • GPS連続計測時の間隔を最大3600秒まで拡大
  • 楕円体高での記録に対応
  • 点番号を任意の番号からカウントできるようにした
  • GPXファイルからのインポートに対応
  • シェープへのエクスポート時に形式の異なるフィーチャに出力可能にした
  • 測点の一括および任意点のシフト機能追加
  • FOXエクスポート時に開放路線、結合路線も出力できるようにした
  • プロジェクトオープン中はサスペンドに入らないようにした(サスペンド設定をしている場合)
  • ウィンドウが稀に画面外に消えてしまう不具合修正
 
  • GeoSketch v2.3リリースのお知らせ(2011/02/23)

今回のアップデートはいくつかの新機能追加とバグフィックスとなります。更新内容は以下の通りです。GeoSketch2をお持ちのお客様は無償でアップデート可能です。ご希望のお客様は弊社までご連絡ください。

  • 自動計算モードONの場合で、測定後規定点数に達しない路線/区画を測った場合に落ちる障害修正
  • 参照点を器械点/目標点切り替え可能に(逆放射モード)
  • PA600有線接続対応
  • 座標結合画面のリストのカラムを並び替え(点名を見たい要望に対応)
  • FOXエクスポートで磁気偏差設定時に出力される方位角が360以上、または0以下になる場合がる障害修正
  • SIMAエクスポートで区画の出力をSIMA、路線(F00)だったのを、画地(D00)に変更した
  • SIMAインポート時にファイルの最後の1行(1路線)が読み込まれない障害修正
  • 照合機能 新規追加
  • Google Earth KMLインポート機能 新規追加
  • Archer(WM6)で音楽再生障害修正
 
  • GeoSketch v2.2を含む以前のバージョン(2010/05/14)

障害情報に1件追加しました。

 
  • GeoSketch v2.2を含む以前のバージョン(2010/03/16)

障害情報に1件追加しました。

 
  • GeoSketch v2.2 リリース(2010/3/4)

今回のアップデートは主にバグフィックスとなります。更新内容は以下の通りです。アップデートご希望のお客様は弊社までご連絡ください。

  • 縮小動作1回の縮小率を従来の2倍にした
  • 不正データを含むプロジェクトの読み込みを改善
  • 計測時にLTI社レーザー距離計の高度角計測モード、方位角計測モードで計測した場合に異常終了していた障害に対応
  • 計測デバイスをBluetoothで接続時に、計測デバイスの電源が入っていない場合に異常終了していた障害に対応
  • レーザー距離計誘導でDVHが表示されない障害に対応
  • FOXエクスポート時に出力データに路線の磁気偏差が反映されない障害に対応
  • シェープファイルエクスポート時に属性文字列の長さを増やした(点名:半角64文字、メモ:半角128文字)
  • プロジェクト設定、地理情報タブで平面直角-Besselを選択した場合に地域毎変換パラメータを選択できるようにした
  • 日本測地系(ベッセル楕円体)の場合に「地域毎の座標変換パラメータ」での緯度経度算出に対応
  • 日本測地系へ楕円体変換時の3パラメータを公式のITRF94->Tokyo97パラメータに変更
 
  • GeoSketch v2.1を含む以前のバージョン(2009/12/15)

障害情報に1件追加しました。

 
  • GeoSketch v2.1を含む以前のバージョン(2009/10/22)

障害情報に1件追加しました。

 
  • GeoSketch クイックスタートガイド周囲測量編(2009/09/4)

ダウンロードにGeoSketch クイックスタートガイド周囲測量編をアップしました。

 
  • GeoSketch v2.1リリース(2009/9/4)

GeoSketch2に新しい機能が追加されました。GeoSketch2をお使いのお客様は無償でアップデート可能です。アップデートご希望のお客様は弊社までご連絡ください。

●GeoSketch v2.1の新機能

  • 測定ツール   レーザー距離計 v2
  • 逆放射測定と対象物オフセットに対応しました。

    逆放射とは器械点を算出するこれまでと逆の測定方法です(通常は器械点から目標点を計測し、目標点の位置を測定する)。逆放射によりこれまで必ず計測毎に移動していた目標点を移動しなくても計測できるようになります。

    対象物オフセットとは目標点の反射板などがオフセット定数を持っている場合に自動的にその差を省いて計測できます。

  • 機能プラグイン   点間測定   新規追加
  • 2点間の正確な距離と方位、または連続した点間の正確な距離が確認できます。精密に間隔を確認したい場合に使用します。

  • エクスポートプラグイン   注釈   新規追加
  • GeoSketch2プロジェクトにて書き込んだ注釈が、CSVまたはシェープファイルにて出力できるようになりました。測量結果に併せ注釈データもGISに取り込めます。

  • 日本測地系(旧測地系)に対応
  • ベッセル楕円体を使用した日本測地系に対応しました。

●その他の修正等

  • 稀にプラグインがGeoSketchに読み込まれない障害修正
  • ジオイド高設定幅を±100mに拡大
 
  • GeoSketch v2.0での障害情報(2009/7/16)

障害情報に1件追加しました。

 
  • GeoSketch   v2.0.1以前のすべてのバージョンでの障害情報(2009/4/15)

障害情報に1件追加しました。

 
  • GeoSketch2リリース!(2009/3/25)

GeoSketchがさらに便利な機能を搭載してGeoSketch2になりました。

詳細はこちらをご確認ください。

 
  • GeoSketch v1.2 障害情報(2008/9/18)

障害情報に1件追加しました。

 
  • GeoSketch v1.1 障害情報(2008/2/13)

障害情報に1件追加しました。

 
  • GeoSketch v1.1 障害情報(2008/1/30)

障害情報に2件追加しました。

 
  • GeoSketch v1.1 障害情報(2008/1/10)

障害情報に1件追加しました。

 
  • 帳票ソフトウェアFOXに対応しました  (2007/12/26)

GeoSketch FOX出力プラグインがリリースされました。

北海道内森林組合様の間で広くご利用の帳票ソフトウェア「FOX」および「FOX2」に対応しました。GeoSketchで測量を行ったデータは簡単にFOXデータとして出力できます。これによりGeoSketchを使用すれば道内各支庁への提出書類作成もとてもスムーズに行え、作業効率が格段にアップします。

GeoSketch FOX出力プラグインは「FOX」および「FOX2」ご利用のお客様に無償でバンドルさせて頂きます。

 
  • GeoSketch v1.1リリース(2007/12/4)

GeoSketch v1.1をリリースしました。v1.1には以下の修正・機能追加があります。GeoSketch v1.0をご購入のお客様には順次発送させて頂きます。

●障害修正

  • 区画の路線長が終点と始点の間を路線長合計に合算していない障害
  • エクスポート機能でシェープファイルに出力した際に不正なプロジェクションファイルを出力してしまう障害
  • エクスポート機能でDXFファイルに出力した際に放射点情報も本線として出力されてしまう
  • エクスポート機能でDXFで出力したファイルが花子(JUSTSYSTEM製CADソフト)で読めない

●機能改善

  • 誘導画面の目標距離残色変更(視認性向上)
  • 選択時の枠を点線から緑太枠に変更
  • 地図ツール使用時にツールバーボタンを連続使用できるように凸凹を自動変移しないようにした
  • 閉合点/結合点の追加では最後の前視点の点名を使用するようにした

●機能追加

  • GPS確認テスト画面で平面直角およびUTM座標系番号を確認できるようにした
  • SIMAファイルインポート/エクスポート対応
  • GoogleEarth KMLエクスポート対応
  • 複数選択機能追加(選択一覧/面積合算/一括削除)
  • 位置調整時・(座標点と路線/区画の頂点編集時)に参照点から座標を入力できるようにした
  • 路線区画選択メニューに進行方向反転機能追加
  • 機能プラグインに路線結合機能追加
  • ライセンスキー認証導入
 
  • GeoSketchサポートページ開設しました(2007/12/3)

GeoSketchサポートページを開設しました。

あわせまして障害情報に5件追加しました。

 
Copyright © 2017 TIMBERTECH Co.,Ltd All Rights Reserved.