製品情報 サポート 技術資料 会社情報 お問合せ ブログ
 
  • GPSを繋ぐと動作が不安定になる

測量用GPS受信機のデータケーブルをiPAQのシリアルポートに接続するとActiveSyncが立ち上がる。またはiPAQが操作不能になってしまう。

●原因と対策

GPSデータケーブルをiPAQの通信ポートへ接続するとActiveSyncが勝手に何度も起動してしまったり、ハングアップしてしまうことがあります。根本的な原因は不明ですが、以下の方法で回避できる場合があります。

  1. iPAQをリセットする
  2. ActiveSyncを自動起動しないように設定する
  3. 受信機をリセットする
    (※CSI Wireless社,Hemisphere社製GPS受信機の場合に限る)

上記方法を実施しても解決されない場合は弊社までお問い合わせください。

 
  • iPAQをリセットする方法

iPAQは本体下側の小さい穴がリセットスイッチです。この穴をスタイラスペンで1秒以上押すとリセットされ、自動的に再起動します。



>
 
  • WindowsMobile5.0のActiveSyncの自動起動を停止する方法
  1. 画面左上のスタートメニューをタップしプログラムメニューを開きます。
    “プログラム”をタップしプログラムメニューを開きます。
  2. プログラムメニューが開いたら、その中からActiveSyncをタップし、ActiveSyncを起動します。

  3. ActiveSyncが起動したら、右下のメニューから“接続…”をタップします。
  4. 接続画面が開いたら、“次の接続方法ですべてのPCを同期する”のチェックを外します。

  5. 【チェックが外れた状態】


右上のOKボタンを押して設定変更を完了します。

これでActiveSyncの自動起動は停止しました。通常通りActiveSyncでデスクトップパソコンと通信を行う場合は、このチェックを点けてからクレイドルに挿してください。

Copyright © 2017 TIMBERTECH Co.,Ltd All Rights Reserved.