製品情報 サポート 技術資料 会社情報 お問合せ ブログ
  トップ > 製品情報 > 野生動物 > オプション
概要
GPS首輪
衛星オプション
その他オプション 
テレメトリレシーバ
トランスミッタ

 VHFビーコンによるトラッキング

 テレメトリ
指向性アンテナと無線レシーバーによる追跡作業(テレメトリ)を行うために、TellusはVHF帯の電波を一定の間隔で発信する機能(VHFビーコン)を標準で装備しています。

  ■ データ収集完了時のTellus本体の回収作業
  ■ 調査対象動物への接近

 (追跡調査・リモートドロップオフの起動)

以上のような作業にはVHFビーコンが欠かせません。

 動物の活動状況・生死の判別
さらに動物の活動状況・生死の判別もVHFビーコンの発信間隔で把握することが可能です。

   活動状態:60ppm(毎分60回の間隔で発信)
   休止状態:40ppm(毎分40回の間隔で発信)
   死亡状態:80ppm(毎分80回の間隔で発信)


 動物の活動状況・生死の判別
VHFビーコンを利用するためには以下のいずれかの製品が必要になります。
受信機
アンテナ
RX-98Hシステム
RX-98H
(アンテナ付属型
テレメトリレシーバー)
-
RX-98Eシステム
RX-98E
(テレメトリレシーバー)
Y4-FL
(折り畳み式八木アンテナ)

 ドロップオフユニット

データ収集の完了したTellusを回収するために、もう一度調査対象動物を捕獲するのは非常に困難な作業です。そのため時限式あるいはリモートコントロールによるドロップオフ(首輪の解放)機能をオプションで装備することができます。

 リモートコントロールによるドロップオフ
RCD-04リモートコントロールユニットを使用しUHFシグナルを送信して首輪をドロップオフさせます。

実行するためにはRCD-04の有効範囲(約1500m)内までTellusに近づく必要があります。

 UHFリモートダウンロード

Tellusシリーズには、本体を回収せずに無線を利用しリモートコントロールでデータダウンロード出来る機能が標準で装備されています。

  • TPMで設定
    専用ソフトウェアTPMにて、首輪のドロップオフIDをあらかじめ入力しておきます。

  • IDを送信
    TellusのUHF信号有効範囲(約1500m)内まで接近してRCD-04でIDを送信します。

  • データの受信
    接続確立後、自動的にRCD-04に接続したPCにデータがダウンロードされます。


  •    サイトマップ      リアルタイム気象情報(旭川)      4コマ
    Copyright © 2017 TIMBERTECH Co.,Ltd All Rights Reserved.